スーツ姿の男性

ピックアップ

オススメリンク

試験

板書するメガネの講師

公認会計士として働くためには、公認会計士試験という国家資格を取得する必要があります。受験資格はありませんから、誰でも受験することが可能です。
試験だけではなく、2年以上の経験も必要です。

Read more

仕事内容

キーボード操作する手

国内には多くの企業がありますが、その中での大企業が、法律に則っている経営をしているか確認をするのが、公認会計士の仕事です。
大企業の収入、支出が記録されている財務書類を調べて、間違いが無いか確認します。

Read more

魅力

電卓とビジネス用品

現在の日本には様々な仕事があります。その仕事によって、それぞれ魅力は異なります。
公認会計士の魅力は、日本の経済を身近に感じることができたり、男女平等に活躍できたりする点です。

Read more

会計処理

歩くビジネスマン

会計処理の関する専門家になりたい場合は、公認会計士という仕事がぴったりです。
公認会計士の主な業務は、大企業や大組織が作成する決算書類を、監査して、書類に間違いが無いかどうかを証明するというものです。
監査業務以外に公認会計士の仕事は様々あり、税務関連業務やコンサルティングなどもあります。

公認会計士になるためには、国家試験の公認会計士試験に合格しなければなりません。受験資格はありませんが、難易度が非常に高いので、幅広い知識が必要になります。
公認会計士試験に合格するための勉強方法は大きく分けて、独学、通信、通学の3つです。
独学なら自分のペースで勉強することができますし、費用も非常に抑えることができますが、教えてくれる人がいない分合格率は下がってしまいます。
通学や通信なら、合格率を上げるための効果的なげ勉強をすることができます。
自分の性格やライフスタイルに合った、勉強を行なうことが一番大切です。